ミックスボイスって何?

ミックスボイスって、僕の中では「息漏れのない裏声」っていう認識なのですが、
歌うときに、声門閉鎖しながら裏声を出すと言われます。練習としてはエッジボイス(呪怨の伽耶子が登場するときに出るあの・・・あああああ~~~ってやつ)と吐息を繰り返しで、喉を閉じたり、開いたりする練習で、喉を意識することで、息漏れのない裏声を出すことができるそうです。
しかしボクのなかでは、この練習はあまりおすすめしません。歌う時に喉を意識すると、喉に力が入って、喉声になってしまうからです。
僕のおすすめは、鼻腔を意識させる方法で、鼻腔振動しながら頭の後ろから声がでるような意識で歌うようにしています。
簡単に言えば、「あくびをしながら声を出す」感じです。
なので、声を張り上げるのではなく、力まずに鼻で響かせるような意識です。その歌い方だったら、喉に負担が軽減し、何曲歌っても高音を保つことができます。
カラオケで練習するときは、大音量だと自分の声が聞こえないので、ミュジック音を下げて、マイク音を上げて練習します。(ハウリングに注意)
声量が保てるようになったら、そこから徐々にミュージック音を上げて行きます。
これはオススメです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ