ミックスボイスの誤解

ミックスボイスについて僕自身、間違った認識をしていました。
前回、息漏れのない裏声とか、鼻腔振動で歌うことがミックスボイスといっていましたが、
その発声そのものではなく、
チェストボイスからヘッドボイスの声区をまたぐ時に、正しい母音を保ちつつ喉の筋肉をバランスよく使った状態で起こる声
で、声がグラデーションのように繋がって発声するの状態ことをミックスボイスといいます。

換声点(ブリッジ・パッサージョ)というのはありますが、地声から裏声を別の発声と考えずに、あくまで一つの声として考えて歌うことが大切だと思います。

このサイトは、図解入りでミックスボイスの発声法についてかなり解りやすく説明しています。
【図解付き】 弱々しく息っぽいミックスボイス・ミドルボイスを強く地声っぽくしていくプロセス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ